【2020年最新版】スマホやタブレットで簡単!LINE絵文字の作り方

LINE絵文字の作り方 作り方
LINE絵文字の作り方

ちまちまとお絵かきして、LINE絵文字を作りました。

くすみカラーのゆるふわ北欧風絵文字 - LINE絵文字 | LINE STORE
大人可愛い北欧風の絵文字です。くすみピンクやくすみブルーを中心に、柔らかい色合いでまとめました。
管理人
管理人

LINE絵文字って結構簡単に作れるので、たまに作りたくなった時に作っています。これで3作目。

私が作ったLINE絵文字一覧はこちら
https://store.line.me/emojishop/author/1172590

 

LINE絵文字は2018年11月からクリエイターズが解禁して、企業だけじゃなくて一般の人でもリリースできるようになりました

LINEスタンプはサイズが大きいため作るのが大変ですが、LINE絵文字はサイズが小さいためあまり細かく書き込む必要がなく(書き込みすぎると、いざ絵文字を入力したときに細かすぎてわかりにくくなるし)、比較的サクサク作れます

 

管理人
管理人

以前も前ブログLINE絵文字の作り方を書いたのですが、紹介している“ibis Paint(アイビスペイント)”というアプリがアップデートされてより使いやすくなったので、改めて新しいibis Paintでの作り方を書いていきたいと思います。

使用アプリ・デバイス

  • スマートフォン or タブレット(アプリ:ibisPaint)
  • パソコン

ibis Paintは高機能な無料お絵描きアプリです。

ブラシの種類もとても多くて以前から愛用していたのですが、2019年秋くらいに大幅アップデートしたようで、以前でも種類が多かったブラシツールが更に多くなりました

無料で使用できるツールと、CMを見れば使用できるツール(有料会員になることで、CMを見ずに使用できます)があり、こんなに使えて無料なのって凄い!レイヤーもいくつも分けられるし、絵を描くのに必要な機能は一通り揃っているかと思います。

アイビスペイントX

アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted withアプリーチ

スポンサーリンク


LINE絵文字 制作の概要

まずはLINE絵文字 制作ガイドラインを熟読します。
中でも大事なのはこちら↓

・絵文字のサイズは縦180px×横180px(ピクセル)
・トークルームタブは縦96px×横74px
・フォーマットはPNG形式
背景は透過させる
・画像の名前は数字に変更する (ここでパソコンが必要)
・絵文字とデコ文字で必要数が異なる

 

今回は絵文字を作るので、8〜40個必要です。デコ文字だと100~305文字も必要です。
それでは順に解説していきます。

ibis Paintでイラストを描く

キャンバスを設定する

ibis Paintのアプリを起動。マイギャラリーをタップし、+ のボタンを押します。

マイギャラリーをタップし、+ のボタンを押します

マイギャラリーをタップし、+ のボタンを押します

 

キャンバスを指定して、サイズを180×180に。OK をタップします。

キャンバスを指定して、サイズを180×180に

キャンバスを指定して、サイズを180×180に

 

キャンバスが表示されます。
①を押すとレイヤー画面が表示されるので、②の一番右をタップ。白いキャンバスが市松模様に変化します。

白いキャンバスが市松模様に変化

白いキャンバスが市松模様に変化

 

このボタンでキャンバスの背景を変えています。この背景とはイラストの背景ではなく、キャンバスそのものの背景のこと。元のキャンバスの背景は白のため、白や極薄い色で描くと見えません。

キャンバスそのものの背景

白背景

 

見えないけれど、描かれています。市松模様にするとこの通り。

市松模様背景

市松模様背景

管理人
管理人

LINE絵文字は背景を透過する必要があります。イラストや文字部分以外には何も描かず、透明な背景のままにしておかなければなりません。

 

このように、色を塗った時にはみ出してしまい、気づかないまま申請すると「リジェクト」されてしまいます

色を塗った時にはみ出す

色を塗った時にはみ出す

 

実際にリジェクトされたときの文面です。該当画像も教えてもらえるのがありがたい…!

実際にリジェクトされたときの文面

実際にリジェクトされたときの文面

 

ですので、イラストを描く前に背景を変更しておくことをオススメします。

絵を描く

イラストを描きます。

イラストを描きます

イラストを描きます

透過PNG形式で保存する

右下の←をタップ

右下の←をタップ

右下の←をタップ

 

透過PNG保存します。

透過PNG保存します

透過PNG保存します

 

これでひとつ完成!
繰り返して、必要数の絵文字を作ります。

 

スポンサーリンク



絵文字に名前を付ける

絵文字が完成したら、名前を変更します。
今回は40個なので001、002、003……040 という名前にします
トークルームタブは名前変更不要です。

名前を変更します

名前を変更します

管理人
管理人

iPadやAndroidスマホでは画像の名前変更をする機能が見当たらず。

名前を変更すらアプリも調べましたが、アプリ内で名前を変更するだけで、大元の画像の名前は変更されず…

 

管理人
管理人

なので、面倒ですが一旦パソコンに送って、名前の変更をすることに。Google Photoを経由させました。

 

このままパソコンで作業してもいいのですが、私のパソコンではLINEクリエイターズマーケットに上手く繋がらず「このページは表示できません」という画面に…

そのため、再度iPadに画像を移して続きの作業をしました。

 

LINE Creators Studioに登録

LINE Creators StudioのアプリをDLして、ユーザー情報を登録していきます。

LINE Creators Studio

LINE Creators Studio
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

メインのクリエイター名は英語という仕様なので、英語名を登録したうえで、言語を追加して日本語のクリエイター名も登録しておきます

LINE Creators StudioではLINE絵文字の申請はできませんが、LINEスタンプの作成や申請が可能です。

LINEスタンプに適したサイズで手軽に作れるところが魅力なのですが、LINE Creators Studio バージョン2.6(2019.6~)以降、LINE Creators Studioから申請したLINEスタンプは、売上の分配額が0円になるので要注意です

制作者に限り、無料でDLできるというメリットがあるので、自分の子どもやペットのスタンプ等、自分用のスタンプを作りたい!という方にオススメです。

従来通り、売上の分配金を受け取る場合は、LINEクリエイターズマーケットから申請します。

絵文字を申請する

LINEクリエイターズマーケットから絵文字を申請します。

 

①右上のマイページをタップする

右上のマイページをタップする

右上のマイページをタップする

 

②新規作成→絵文字をタップ

新規作成→絵文字をタップ

新規作成→絵文字をタップ

 

 

③情報を入力する
私は画像のように登録しました。参考にどうぞ

情報を入力する

情報を入力する

 

 

④絵文字用の画像をアップロードする
画像に割り振った番号と合わせていきます。“メイン画像”は、ユーザーが絵文字を検索したときに一覧に出る画像です

絵文字用の画像をアップロードする

絵文字用の画像をアップロードする

 

⑤タグ設定する
ここが一番の難所かもしれません。画像ひとつひとつにタグを3つまで登録できます。LINEのトークで入力した文字に該当する絵文字が表示されるようになります。

管理人
管理人

検索機能がないので、膨大なタグ候補から選んでいく必要があります。登録しない場合は自動で設定されますが、意図しないタグが付く場合もあるので注意。

タグ設定する

タグ設定する

 

⑥申請(リクエスト)する
見落としが無いか確認して、リクエストします。今回は結果が1日半ほどで届きました。LINEで承認かリジェクトかの結果が届きます。

申請(リクエスト)する

申請(リクエスト)する

 

⑧販売する
内容を再度確認して、“販売する”ボタンを押します。販売前に修正する場合は、修正後に再度リクエストが必要となります。

 

スポンサーリンク


完成!

苦心して生み出した絵文字が、無事リリースされました。やったー!
https://store.line.me/emojishop/product/5dedff90031a67c29d10588d/ja

自分用にDLして、どんな風に表示されるかを確認することをオススメします。特にLINE絵文字は小さいので、細かいと見にくくなっているかもしれません。

以上、LINE絵文字の作り方でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました